My Items

​第2講(前半) 

起業までの実務的な流れ

ここから、みなさんの起業準備がスタートです。

夢と希望を胸に、念願の『起業』への道を歩み出しますが、

決して甘くないのが起業の現状。

むしろ『起業』は誰にでもできるかもしれません。

大切なのは『安定的に継続すること』です。

しかし、やみくもに不安になる必要もありません。

第1講でもお伝えしましたが、他者の一般的な現状を知ったうえで

改めてワインフィッターである利点を十分に理解し、

努力次第では安定的な経営が可能であるビジネスモデル

であることを認識しながら、計画的にビジネスをスタートして行きましょう。

はじめから自信があって起業する人はいません。

子育てと同じで、子供を授かったのちは

初めての発熱、初めての入学、初めての受験など

わからないことだらけでも周囲の協力を得て、

必要な情報を集め、なんとしてでも子育てを続けるわけです。
 


わからないことは調べ、専門家に聞く。

難解な登記手続き、酒販免許申請、補助金申請、

ビジネススタート後は確定申告など、

それぞれの専門機関に問い合わせながら、自分の力で一つずつクリアしていくことで、

文字通り『独立』し、『経営者』になっていくのです。

気づいたら『親』になっているように。

第2講の前半は、起業と酒販免許についてお伝えします。

酒販免許申請については難解な部分が多く、

申請者それぞれの現状、そして申請場所の管轄の税務署の対応によって、

取得の可否や取得までの期間に大きな差があります。

この講座の内容を参考に、

まずは簡易チェックシートで自身の状況について把握し、

事前に必要なことは調べ、担当の酒類指導官にアドバイスを受けながら

酒販免許取得を目指してください。

 

そして、現役のワインフィッターを含め、

個人で酒販免許を取得した方々の生の声を集めた

酒販免許取得実例集を作成しました。

google検索などでは知り得ない貴重な体験談に

勇気付けられることも多くあると思いますので、ぜひ参考にしてください。

2-前半-1

2-前半-1 起業とは (スライドP1〜P20)

2-前半-2

2-前半-2 酒販免許の種類について(スライドP21〜P28)

2-前半-3

2-前半-3 酒販免許取得について①(スライドP29〜P36)

2-前半-4

2-前半-4 酒販免許取得について② (スライドP37〜P47)

Follow me

 

  • Facebookのクリーン
  • Instagramのクリーン

© 2013 by Mami YAMADA