ロゼ好きも、ロゼ初心者も納得の万能ロゼ!キャップに♡マークの遊びゴコロもステキ。

ロゼワイン
辛口

南アフリカ

品種:シラー 50%/ムールヴェードル 50%

【輸入元解説】

直接圧搾法で造られるロゼ。鮮やかで滑らかな質感と豊潤さを持ち合わせます。ザクロや赤スグリ、クランベリーの他、柑橘類の果皮のような新鮮さを持つ余韻の長い味わいです。(2021)「ティム・アトキン2021」91点

ステレンボッシュの北端、ワインの銘醸地のシモンズバーグのゴールデン・マイルと呼ばれる地域に位置するリーフランド・ヴィンヤーズ。 リーフランドは「愛の土地」を意味し、その牧歌的な美しさに魅了されない人はいないでしょう。 1990年台後半、リーフランドは南アフリカのトップエステートの1つと見なされていましたが、その後所有者が変わっていった事でワイン造りは次第に途絶え、最後にはブドウ畑も放置されてしまいました。 この可能性を秘めたブドウ園に早くから強い興味を抱いていた、マン・ヴィントナーズの共同経営者であり、名門スターク・コンデのオーナー醸造家ホセ・コンデ氏とユーステンバーグのオーナー醸造家であるティレル&フィリップ・マイバーグ氏は2017年、満を持して行動に出ます。3人はブドウ園が持つ以前の栄光を取り戻すべく農場を購入し、敷地内に新しいセラーを建設させ大規模な畑の整備にも取り組む一大プロジェクトを始動させたのです。 そして、2018年には待望の「リーフランド」ブランドをリリース。 リーフランドのワインには、ステレンボッシュやパールの古木やブッシュバイン、優良畑のブドウが使用され、丁寧にテロワールが描き出されています。ティム・アトキンMWはこれらのワインに90点以上の高評価を付けるなど、早くも注目を集め始めています。

ロゼ好きも、ロゼ初心者も納得の万能ロゼ!キャップに♡マークの遊びゴコロもステキ。

¥2,480価格
  • リーフランド リーフクース ロゼ 2021

    数々のロゼワインをご紹介してきたこのワードローブですが、今年最後の締めくくりとして「イチ押し」なロゼはこちら!

    南アフリカのロゼワインですが、上品で洗練された味わいながら果実味のコクや余韻も長いという万能ロゼ。「ロゼワインは白ワインと赤ワインの中間?どう選んで良いかわからない・・」という方も多くいらっしゃると思いますが、そんなロゼワイン初心者さんにこそぜひ飲んでいただきたいロゼワインです。

    赤ワインとはまったく違う爽快感と開放感があり、白ワインとはまったく違う存在感とボディーがあります。これはロゼワインでしか体験できない、というアイデンティティがしっかりと感じられるワインです。

    お肉もお魚も、お米もパンもパスタも、野菜もフルーツも、あれこれ贅沢なお料理が食卓を彩る季節、「ロゼワイン1本あれば完結!」「ロゼワイン、買っておいてよかった!」と思える場面が必ずありますよ。

  • 送料節約のためにも、あと他のワインはお好みをお選びします!

    『あのワインが2本欲しい!でも送料がもったいない・・・』

    ですよね?

     

    配送用ダンボールは【4本用】、【6本用】、【12本用】とあります。

    1〜11本まで適用サイズ1ケースにお入れして全国一律1000円(税込)、


    そして12本では送料無料となります!

    (常温送料のみ。夏場のクール便代 450円税込は申し受けます。)

     

    1〜3本が希望でしたら4本、5本だったら6本に、7〜11本でしたら12本におまとめ注文をオススメします。

     

    せっかくなのであと数本、一緒にお届けさせていただけませんか?


    飲んでみたいワインのテイスト、こんなワインありますか?あんなワイン選んで!にお応えして、あなただけにフィットするワインをお選びします。