飲み比べよう!【標高50-200m 】どっちのアルバリーニョがお好き?

白ワイン

辛口
スペイン・リアスバイシャス

品種:アルバリーニョ100%

その他情報:標高50 ~ 200m・・西、北西、南西向きの畑

 

【解説】

海を愛するセーラーのアルベルトがヴァル・ド・サルネスの中心地 に別荘として土地を購入しワイン造りに没頭、19年は暖かく乾燥し た冬・涼しい夏が続き8月の雨と暑さがブドウの成熟を助けました。 アルバリーニョをステンレスタンクで発酵・熟成しました。淡いレモ ン色の外観から、グレープフルーツやハーブの香り、柔らかな酸が 溶けたふくよかな味わいが余韻に響きます。

飲み比べよう!【標高50-200m 】どっちのアルバリーニョがお好き?

¥2,980価格
  • アルベルト・ナンクラレス  ダンデリオン 2019

    日本のワイナリーに着々と栽培面積が広がる白ブドウ品種「アルバリーニョ」。本場のスペイン・リアスバイシャスと気候条件が似ていることと、ブドウ自体に耐病性があることから数年後には日本を代表するブドウ品種になるかもしれません。

     

    アルバリーニョの面白いところは、ピノ・ノワールやシャルドネのように「本場至上主義」な概念がさほどないところ。日本のワイナリーさんは本場のリアスバイシャス産をリスペクトしながらもそこを目指しているわけではなく、「アルバリーニョを使った日本独自のワイン」を造り出しています。実際飲み比べてみると、本場リアスバイシャス産と日本産では明らかに違う品種特性が味わいに反映されているなと感じることが多いです。

    と言うことで!
    日本のアルバリーニョ好きさんにとって本場リアスバイシャス産とはどんな味わい??は興味があることと思い、標高違いの2種類をご用意しました。

    こちらは標高【50-200m】の比較的高地の畑から。
    日本のアルバリーニョに特徴的なアロマ感はあまりなく、酸がありながら味わいにカドがなく、旨味が溢れています。

    ぜひ、お隣に掲載の【10-30m】と2本セットで飲み比べてみてください!

  • 送料節約のためにも、あと他のワインはお好みをお選びします!

    『あのワインが2本欲しい!でも送料がもったいない・・・』

    ですよね?

     

    配送用ダンボールは【4本用】、【6本用】、【12本用】とあります。

    1〜11本まで適用サイズ1ケースにお入れして全国一律1000円(税込)、


    そして12本では送料無料となります!

    (常温送料のみ。夏場のクール便代 450円税込は申し受けます。)

     

    1〜3本が希望でしたら4本、5本だったら6本に、7〜11本でしたら12本におまとめ注文をオススメします。

     

    せっかくなのであと数本、一緒にお届けさせていただけませんか?


    飲んでみたいワインのテイスト、こんなワインありますか?あんなワイン選んで!にお応えして、あなただけにフィットするワインをお選びします。

0

Follow me

 

  • Facebookのクリーン
  • Instagramのクリーン

© 2013 by Mami YAMADA