フランス旅、7日目午後。

【7日目、午後。】

南の太陽、キター!(笑) 只今、収穫の真っ最中。

南ローヌ地方、ヴァントゥー山の麓のブドウ畑一帯は自生のローズマリーやタイム、ミント、フェンネル、オリーブの樹が入り組みながら広がっている。

畑に立つとむせかえるようなハーブの香り、ジリジリと照りつけて目も開けられないほど眩しい太陽、ゴロゴロと転がる小石の土壌からの照り返しで足元も暑い!この環境でブドウは力強く肉厚に完熟する。

でも、ダウンジャケットを着ているマダムにお気づきですか?

この地域はミストラルという強い風が吹いていて、体感温度は実は15度くらい。この風が湿気を飛ばし、病害を防ぎ、ブドウを守っている。

ローヌワインは、この風景がそのままワインに反映する。ハーブとスパイス、オリーブの香り、果実を煮詰めたような完熟感、それを支える程よい酸と骨格。

産地の風景と連動する味。

そこがなによりも、私がローヌワインを好きなところ!

タグ:

Featured Posts   注目記事
Recent Posts    最新記事
BLOG Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic

Follow me

 

  • Facebookのクリーン
  • Instagramのクリーン

© 2013 by Mami YAMADA