Prêt-à-porter de Vin

おまかせプレタポルテ

 

絶対おすすめ!

おまかせワインセット

12,000円〜20,000円(税別)

 

弊社は『花束を買うようにワインを買う。』という、価格も本数もあなた次第のオリジナルコーディネート販売を承っていますが、この企画では『これは絶対おすすめ』というワインたちを

おまかせプレタポルテ

(高級既製服の意

と題してお届けします!

 

年間約3000種類を超えるワインを味わう私山田が、日々の買付けで出会う素晴らしいワインたちのなかから

とっておきワインだけをチョイスする

スペシャルセット。

 

月ごとに変わるラインナップを12,000〜20,000円にて。最多6本。お届けする本数も毎月変動します。1本1本によりこだわる月には3本〜5本の場合もございますがご了承ください。

 

そんな贅沢なワインはちょっと・・?

いえいえ、こういう想いの詰まったワインをぜひ、知ってください。

 

お約束するのは

【感動の味わいとストーリー】

【ワクワクするようなワインとの出会い】

 

お任せください。そして、お楽しみに♡

 

※頒布会のようなシステムではございません。ご注文は気に入った月だけ。

**********

今月のプレタポルテ 

4本セット:13,400円(税別)

今回はなんと、白ワイン4本です!

諸事情により1週間遅れでの告知・・

ごめんなさい!

受付期間

2018年8月7日(火)〜8月12日(日)23:59 まで

(お届けは、8月14日(火)以降

*****************************************

 

今月のラインナップはこちら!

↓↓↓↓↓↓

《お待たせしました!》

新潟カーブドッチさんアルバリーニョ

新潟のみならず、日本各地で話題のブドウですね。

でもやっぱり、日本産アルバリーニョのパイオニアは飲んでおきましょ♡

困難な年を乗り越えた仕上がりは?

【1】カーブドッチワイナリー アルバリーニョ2017

CAVE D'OCCI Winery Albariño 2017

【色】白ワイン750ml 【産地】日本・新潟県【ブドウ品種】アルバリーニョ100%(新潟・角田浜(自社農園))

【味わい】辛口 【希望小売価格】4,200円(税別)

言わずと知れた新潟ワインコースト・カーブドッチさんのアルバリーニョ、今年もありがたいことにお分けいただきました。

『スペイン原産であるアルバリーニョは、新潟のテロワールにマッチする。』
という成果に至るまでに創業から20数年間、40品種以上のブドウの樹を植え変えることで研究を重ねてきました。その確かな実績は新潟に限らず北陸地方、九州地方など他県へも大きな影響を与える、カーブドッチさんはまさに日本におけるアルバリーニョ栽培・醸造のパイオニア。


こちら2017年産のリリースは5月頃でしたが、私のなかではアルバリーニョってスペインの海沿い生まれのブドウはやっぱり夏のイメージ。そして弊社は在庫を持たぬをモットーにしてはいますが、もっといろんなことに気を配って、例えば季節感とかそのワインの状態とか飲み手の気持ちとか・・に合わせて販売するしくみも確立しないとね、もう5年目だし。と思ったりする今日この頃。で、しばらくストックし真夏のご紹介にしてみました。

2017年というヴィンテージは、総体的にはかなり厳しい天候の年だったようで、6月の台風並みの突風で痛んだ葉っぱや枝、その後を襲った猛暑、そうして弱ったところに雨からの病気蔓延など、なかなかの負のループ。新潟県内の農家さんで『今年は全滅です・・』というところが3軒、前年に6t持ってきてくれた農家さんが500kgというところもあったとか。


でも、そんな厳しい年でもやっぱりアルバリーニョは強い子だったそうで!
醸造長の掛川さんは『アルバリーニョに関しては、なにも心配がいらない。』とおっしゃっていました。
果皮が厚く、故郷スペイン・リアスバイシャスも湿度が高いけれど病気に強いのがアルバリーニョなんです。

実は、昨年の10月にワイナリーを訪問していまして、まだこのアルバリーニョはタンク内にいました。

『今年は昨年(2016年産)とはちょっと造りを変えてみました。昨年までは全房(ブドウを丸ごと)プレスしていましたが、今年は除梗 (茎を除去)しました。そうすると皮の成分が生かされるので、いつもよりアロマティックで、パワフルで複雑味があるものができると思います。これからそれをどういう風に調整していこうかなと考える時期ですね。(醸造長・掛川さん)』

その醸造家としての”調整”の基準は?と尋ねると、

『単体でわかりやすく、すごいなこのワイン!って思わせる味に仕上げるか、あくまで食事に寄り添うワインを目指すか?それによって違うと思うんですよね。誰に売って、誰に喜んでもらうか。それを見極めて造りますね。』

私、醸造家さんは建築家のようだと思うことがよくあります。
美しさや芸術性もありながら、耐震や安全性を考えて計算し、設計図どおりに仕上げる建築家。だから本能のままに描く画家とは違う。『うちのワイン造りは、ブドウ本来の味を引き出すだけでなにもしない。』という言い方をよくされることがあります。でも醸造家の『なにもしない』は、私たち一般人が言葉の通りに捉える『なにもしない』とはちょっと違うんですね、きっと。経験とセンス、高い醸造技術によって描かれた設計図が頭の中には広がっていて、そちらへ導いていく。さらに建築物は建築途中が実際に見えるけど、ワインは微生物や酵母、菌など見えないものをコントロールしながら造り上げていく、そこがすごいなと!


昨年10月に『これからどういう風に調整していこうか?』と思案していた醸造家の結論が、一つのカタチとなった味わいがこちら。

さぁ、どうぞ!ゆっくりとお楽しみください♡
醸造家は誰に向けて、どんな風に楽しんでもらいたいと思って造った味わいに感じますか?

スクリーンショット 2018-08-08 5.20.33.png

日本アルバリーニョからの・・・本場スペインアルバリーニョ!

数ある日本で飲める本場アルバリーニョの中でも、

特に深い旨味に惚れたもの、選びました。

新潟は砂地、本場は花崗岩土壌。

なにが違って、なにが共通か?

飲み比べたら絶対楽しいはず。と思って♡

【2】ロドリゴ・メンデス・ワイナリー  シエス 

Rodrigo Méndez Winery Cies 2014

【色】白ワイン750ml 【産地】スペイン・リアスバイシャス【ブドウ品種】アルバリーニョ100%

【味わい】辛口【希望小売価格】3200円(税別)【その他】所有する全ての畑がプレ・フィロキセラ

カーブドッチさんのアルバリーニョを飲んだらきっと、その味わいの虜になるであろうブドウ品種『アルバリーニョ』。するとやはり知りたくなるのはルーツ。本場スペイン・リアスバイシャスのもこんな味わいなのかしら?!と。という訳で、ご用意しました♡

実は30年前まではこのスペイン・リアスバイシャス以外ではほとんど栽培されていなかったこの土地固有の品種だそうです。それがこの30年間でリアスバイシャスといえばアルバリーニョ、アルバリーニョといえば海と魚介類を連想させる高貴な白ワイン、そんな世界的なイメージ戦略とプロモーションが成功しているように見えます。たとえば、リアスバイシャスの原産地呼称統制委員会主催の試飲会がたくさんの生産者を引き連れてここ日本でも頻繁に開催されたり。かつてそこにしか生息していなかったイチぶどう品種を、こんな遠く離れた国でもプロモーションする委員会の積極性がすごい。私はこの品種の個性や味わいも大好きですけれど、このようなブランディング戦略にもとても興味があって注目しています。

今回ご紹介するのは、多くの造り手がひしめくリアスバイシャスで、『名手』としてまず名前が挙がるロドリゴ・メンデス。世界中にファンを持つその硬く、シリアスな味わいのアルバリーニョは他に類をみないと言われ、そのなんというか、“媚びないかんじ”の味わいは『偉大なシャブリ』を連想させるという声も。


新潟とリアスバイシャス、なにが違ってなにが似ているか?

新潟・カーブドッチさん周辺の土壌は砂地で、リアスバイシャスの土壌は水はけの良い花崗岩土壌。しかもロドリゴさんの畑は全てプレ・フィロキセラだそう。対して年間降水量はどちらも1600〜1800mmほどで、海の影響と高い湿度という点は似ていると言えます。

 

そして何より、当たり前ですが造り手のキャラクターが違いますね!それが最大のポイント。

ロドリゴさんに『好きなワインは?』と尋ねると、間髪入れずに『モンラッシェ。』と答え、念のため『誰の??』とさらに尋ねると『ルフレーヴだ。』と答えたそう。笑)ご自宅のセラーは案の定ブルゴーニュばかりだそうで、きっとロドリゴさんの描く”設計図”はそういうニュアンスなんでしょうね。

まぁ先入観はこれくらいにして、純粋な飲み比べをお楽しみください!

『子供達が大きくなり、もう一度自分の人生を見つめ直したくなった。』

50歳から一念発起してワイナリー起業。

で、なんとあの神様ニコラ・ジョリーからも

30年間ビオディナミを続けた畑を引き継いじゃったスゴイ人。

今年9月、ロワールで絶対に会ってみたい人!

【3】クレモン・バロー エルブ フォル ブラン

Clément Baraut Herbes Folles Blanc 2016

【色】白ワイン 750ml 【産地】フランス・ロワール 【ブドウ品種】シュナン・ブラン100%

【味わい】辛口【希望小売価格】3000円(税別)【その他情報】酸化防止剤無添加。天然酵母。ビオディナミ農法、デメテール

 

今年の9月もまた、ボジョレー地方を中心に収穫期のブドウに会いにフランスへ行って参ります。

​今年の猛暑はフランスも同様で、アルザスやシャンパーニュでさえも8月21日頃に収穫開始、という話が出ているそう!そして南フランスは収穫量がぐんと減ったので、収穫期間も短いとのこと。

つまり、、9月半ばの渡仏では間に合わない・・かも。苦笑)

収穫期の渡仏は今年で5年目ですが、この5年で収穫期の振れ幅が1ヶ月近くあるって相当すごい。気候変動って数十年単位じゃないの?年々実感するってちょっと恐ろしいくらいです。

毎年ボジョレー・ヌーヴォーのブドウの様子を伺いに行くのがメインの旅なんですが、その前後には他の産地へ行きます。今年はロワール地方へ。実は初訪問の地です。

フランス中部を東西に走る全長1000kmというロワール河流域に広がる産地。1000kmって、東京から北海道までくらいの距離があり、東京のワインと北海道のワインの特徴を同じカテゴリーとすることができないように、ロワールワインと言っても東側と西側ではまるで個性が違います。

今回訪問しようと思っているのは東側から中央部あたりまで。中央部あたりのサヴニエール(Savennieres)と言えば真っ先に思い浮かべるのがあのニコラ・ジョリー。ビオディナミ農法(土壌、植物、動物の相互関係の調和を重視し、天体の動きや月の満ち欠けを栽培や醸造の工程に取り入れる農法)の第一人者として知られ、ロワールナチュラルワイン界では神のような存在です。

その神から50歳にして畑を引き継ぎワイナリーを始めちゃった!というのが今回ご紹介のクレモン・バロー。今回のワインは元ニコラ・ジョリーの畑ではありませんが、飲めばわかる、彼の造るシュナンブランはなにか秘めたものがあることは間違いありません。

愛して止まないシュナンブラン。でもその生態は未だつかめず・・。

もちろん愛している理由となる私なりに感じる特徴はあるんですが、産地、造り手によって時に変幻自在。今年のロワール旅で、もう少しだけキミを知れたら嬉しい・・・。笑)

で、やっぱりこの流れは・・産地違いの飲み比べを!

​南アフリカ産シュナン・ブラン。

実はロワールの2倍の栽培面積を誇るシュナン・ブラン大国。

南アにナチュール旋風を巻き起こすパイオニア。

『Peeping Tom=のぞき常習者』

ラベルだって自由奔放なナチュラリストさん。

【4】ラムズフック・ピーピングトム

Lammershoek  PeePing Tom 2013

【色】白ワイン750ml【産地】南アフリカ・スワートランド【ブドウ品種】シュナン・ブラン、シャルドネ、クレレット

 味わい】辛口【希望小売価格】3000円(税別)

愛すべきシュナン・ブランを知るには、ロワールだけでは不十分。

なぜなら、実はロワール地方の2倍ものシュナン・ブランの栽培面積を誇りなんと栽培面積世界一位に輝くシュナン・ブラン大国が南アフリカ!白ブドウ品種のなかでは18.6%を占めます。

 

起源はやはり17世紀後半にフランスのロワール地方から移民してきた人達がシュナンブランを南アフリカに持ち込み植えられたようですが、リーフロールという病気に耐病性があり、50〜60年の高樹齢の古木も多く存在するそうです。

なかでもスワートランドというケープタウン北部の地域で才能ある造り手が盛んに良質のシュナン・ブランを生み出していますが、その筆頭格がこのラムズフック。乾いた花崗岩土壌の畑でも灌漑を一切せず、有機栽培された手摘みのブドウのみを使用。オーク樽の使用を少なくし、無清澄、無濾過にて瓶詰。ナチュラルで低アルコールなスタイルは、まだ30代にして世界にその名を轟かせつつあります。南アフリカのニコラ・ジョリーになれるか?!笑)

『栽培は特に手をかけることなく、各畑は自然に任せている。』

と彼も言いますが、実際醸造の段階では発酵槽が気になりすぎるのか?!頭を何度も発酵槽に突っ込んじゃうほどの様子伺い、つまり『ピーピングトム Peeping Tom=のぞき常習者』って自身のこと?!笑

ロワールナチュールの継承者と、南アフリカナチュールのパイオニアのシュナン・ブラン比較。

絶対楽しい飲み比べに決まってますから!

キャンペーン要項:必ずご一読ください。

 

●キャンペーン期間 2018年8月7日(火)〜8月12日(日) 23:59 ご注文締め切り。

※期間内でも、在庫なくなり次第受付終了です。

※お届けは、8月14日(水)以降となります。(北海道・九州地方は除く。日時指定可能)

※お届け指定は、季節柄天候による遅延・不慮の破損などの場合はご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。

※今月のおすすめワインをセットにしてお届けします。

【今月は:白ワイン×4本   合計4本 セット価格:13,400円(税別)

 

●お支払い方法:基本代引き(手数料300円〈税別〉別途)

​※カード決済も承ります。(手数料300円〈税別〉別途)ご希望の際は必ず、メッセージに明記してください。

※発送前入金で、お振込も承ります。(三菱UFJ)ご希望の際は必ず、メッセージに明記してください。

 

●送料(クール便):通常全国一律 950円〈税別〉※6-9月はクール便必須。品質保持のためご理解ください。

※ご希望確認のため、発送前には必ずメールにてご連絡いたします。(返信が来ないという場合は、迷惑メールフォルダーの確認をお願いします。)

※商品のお届け後、破損・汚損以外の理由(味が好みでないなど)で、返品はお受けしておりません。予めご了承ください。

●未成年の飲酒は、法律により禁止されています。お酒は20歳になってから。
 

*** ご注文フォーム ***

ピンクの記入欄に、必要事項をご記入のうえ【送信】を押してください。

これまでのプレタポルテ(Prêt-à-porter)

2018年5月
2018年3月
2018年1月
2017年11月
2017年7月
2017年5月
2017年3月
2017年1月
2016年11月
もっと見る

Call

T&F: 03-5482-3023

(weekday 12h-18h)


 

Follow me

 

© 2013 by Mami YAMADA

  • Facebookのクリーン
  • Instagramのクリーン